猫とひなたとミルクティ

あなたに手紙を書くように、私の日々を綴ります。

初めて味わう自分を許せない気持ち。

動悸と考え事で目が覚めてしまった・・・

頭はすっきりしてるから、私にしては短時間睡眠でもそれはよしとしよう。

 

血糖コントロールが上手になって、体調が安定してきて、見た目の回復度も上がってきたので余計なことを考えるんだろうな・・・

 

今からちょうど1年前、青年くんと親しくなり始めた頃。

私はまだペルソナをかぶってた。

ときどき本心が顔に出て、子どもっぽさ全開のときもあったけど、普段はずっと使い慣れてきた表向きの笑顔でがんばってた。

 

早く本心で生きられるようにならないと、自分の人生を生きたことにならない!

毒親から自由になったんだから、次は自分の人生を自由にドライブする楽しさを知らないと!って、もがいてた。

 

あと少し、すぐそこに本心はありそうなのに、厚手の半透明ビニールカーテンが目の前にある感じ・・・

見えそうで、見えない。

 

私は何をどうしたいんだろう。

本当は何が好きで、やりたいことなんだろう。

 

今現在やってることが、実は好きなことばかりだったと後にはっきりと実感するわけですが、まだピントが合わない感じで。

 

そんな風にもがく日々の中、彼はとても優しく、その好意を感じてはいたけど、ペルソナが対応していたため本心はいつも通り抑圧されて、表面だけの関わり。

 

会いたいのにもう会えなくしてしまった自分。

挙動不審な対応をして、彼に悲しそうな顔をさせてしまった自分。

 

今の自分の気持ちがよく分からなくなって、心をじーっと観察してみたら、

涙の中に、自分に対して激しい怒りを感じていることが分かった。

 

 

初めて、本当に大切な物を無くしたと実感して、涙する。

自分を苛む日々は続く。

悲しすぎて生きる気力はぶっちゃけ、ない。

死にたいと思いながら生きていくのって、意味があるんだろうか。

でも別に本当に死にたいわけじゃない。

死んでしまいたいほど、つらい気持ち。

 

 

つらすぎて、気付くと毎日泣いていて、初めて自分を許せないってはっきり自覚した。

今までは傷つかなかった。

ペルソナの人生だったから。

今は生身の私が、後悔して泣いている。

これは、今の自分に必要な学びなんだって、頭では分かってるけど・・・

 

せっかく手に入れたスペシャルな愛を、私は投げたんだ。

きっともう2度と会うこともない人。

 

どんどん寒くなってきて、去年のあれこれを思い出すのがとてもつらい。

 

これを乗り越えるなんて無理そうだから、やっぱり仕事変えちゃおう。

私も笑顔を取り戻したいし。

 

まあでも、「あなたがいないと生きていけない」ってな気持ちを知れたのも、いい経験だったかも。

だって、あのままペルソナで生きてたらずーっと分からない感情だったもんね。

 

もうこんな気持ちは二度と味わいたくないから、次はいい感じになってきたら、とっととデートに誘おうっと♪

 

因みにペルソナって、好きになれない友達みたいなヤツです。 

track feed 猫とひなたとミルクティ