猫とひなたとミルクティ

あなたに手紙を書くように、私の日々を綴ります。

ヘナを入れた髪に陽が当たると、ちょ~茶髪だったりする・・・

先日、キサンタンガムを使って作るヘナジェルで染めてみたんですが、なかなかいい色になっており、染め残しもなく、とても感動しました。

インディゴもきれいに入っちゃうんだあ~(´∀`)なんて思ってたんだけど・・・

 

翌日、仕事終わりに、よく陽の入るトイレの鏡で、染めた髪をチェックしてみたら、まず気付いたのが、てっぺんが茶色い!!!こと。

焦って髪をかき分けて、中を確認したけど同じように茶色い・・・二層になってる・・・

 

あれ? 家で見た時はきれいなダークブラウンだったのに、これじゃインディゴ入れる前とたいして変わりないんじゃ・・・(´∀`;)

 

どーも、陽に当たると髪色が変わって見えるみたいですね。

私の場合。

 

え~? この考えでほんとに合ってるのでしょうか。

ひょっとして、キサンタンガムがインディゴの成分が髪に入り込むのを邪魔してしまって、薄くしか入らなかったとか・・・

 

でも室内では、すっごくきれいな色なんだよね。

キューティクルが元気になったからだと思うんだけど、ほんとに髪がつるつるさらさらで、ちょっと前のバリゴワがうそみたい。

 

まだトップで5分の1くらいしかヘナが入ってないけど、全体がヘナの髪になった時、どんな風になるんだろ。

とりあえず実験的に続けていこうと思ってます。

 

track feed 猫とひなたとミルクティ