猫とひなたとミルクティ

あなたに手紙を書くように、私の日々を綴ります。

好きな人が、いつも胸の中にいるということ・・・

長いことACだった私が、とうとう自分を取り戻せたと感じる今年の秋。

 

最終決戦はほんとうに辛い日々だった・・・

意を決してACを癒してくれるカウンセリングに通ったり、

でも、転移症状が出てしまって、自覚してからイヤになり、やめてしまったり。

 

その後も一人、泣きながらネットで情報を漁ったり、図書館でAC関連の本を借りた。

ほんとはグループミーティングに行ったら話が早そうと思ったけどやめた。

更年期で、そこまでする気力がなかったからね・・・

 

ACを終わらせるきっかけをくれた、恋しい春の青年くん。

たくさん恋(依存?)してきて、初めて「この人は大切にしなきゃ」って思えたんだと話すと、じゃあそれが本当の初恋だね、ってカウンセラーに言われた。

 

若い時の、なんだかよく気持ちがわからないけど、ずっと好き、諦められないっていうのとは違って、あなただから好きという理由が、今回ははっきりわかる。

初めて、誰でもいい訳じゃないってことがよくわかった。

あなたじゃなきゃ、だめなんだと・・・ 現実的ではないがorz

 

外見が好き、目が好き、声が好き・・・

そんな軽い気持ちしかなかったACの自分。

やっとその人の優しさがわかるようになった。

 

辛く苦しい作業だったけど、深く自分と向き合ったおかげで、

やっと本心とペルソナがぐっと近づいて、ブレがなくなった気がする。

そーいえば、最近無理してないなあ~って思う。

 

実家の毒親に、自分の基準を持たせてもらえなかったせいで、

上っ面な人生を歩んできたけど、これからは大丈夫・・・

そう思ってた矢先に発覚した、糖尿病ww

 

あんまり怒りすぎると血圧上がるよ!って言われたけど、血糖値の方が上がるらしいねww 誰もそれ、言う人いなかった・・・orz

てか無知だったので、だから何?って感じだったし・・・(´∀`;)

まさかストレスで糖尿病になるとは・・・(+遺伝&炭水化物好き、たぶんこれで確定)

 

まあ、おかげで食事にも運動にも気を使うようになって、振り出しに戻った気もするし、罰ゲームなのかな?とw

 

それでも卑屈にならずに生きていかないと!と思うわけで。

 

別にね、糖尿になっちゃったから悲しくて!とか、そういうわけではないんですが、

最近、春の青年くんに会いたくて会いたくて・・・

 

前は、絶対早く忘れなきゃ!って、白黒思考が強かったんだけど、今は好きなものは好き! そのままでいいって思えるようになった。

ACを回復させるためには、まずは自分の好き嫌いをはっきり理解すること!

リストアップしてみたら、無理して好きな振りしてたことがたくさんあった。

違和感のあることを消去していったら、かなりシンプルなリストになった。

 

でも今、糖尿のことを色々考えて、辛いひと時が多いから、自然と彼の名を心でつぶやいてしまうんだろうな・・・

これが愛着だね・・・

普通の人は「おかあさ~ん!」だの「おとうさ~ん!」だの言うのかな?

私にはそれはない。物心ついて、しばらくして、無意味だと諦めた時から。

 

ACだったから、上手に受け取れなかったせいで、また壊して終わりにしちゃったけど、それが俯瞰できるようになった今は、全て許して、懐かしがれる。

これまでの私のことも・・・

 

彼との大切な日々を思い出しながら、治療に励みつつ、彼の成功も祈ってる・・・

track feed 猫とひなたとミルクティ