猫とひなたとミルクティ

あなたに手紙を書くように、私の日々を綴ります。

閉経間近の尿の泡・・・まさかのHbA1Cが!!

更年期になってから、人生がますます迷走しておりますww

 

先日、やはり一度ホルモン値を計測してもらおう!と、1年ぶりの内診&血液検査を受けまして、その結果が出ました。

 

一緒に受けた甲状腺と貧血は異常なし。

エストロゲンは39以下で更年期らしいんだけど、パッチを貼ってるおかげで、安定の数値39。それってほんとにちょろっとしか補充されてないって証拠なんだねw

まあ、きついわなー。毎日ぐっすり眠りたい・・・

 

そして、これが驚愕の数値ですよ。まさかの糖尿病。

父が治療を放棄して、足が壊死してあの世に旅立ったのが60歳より前。

酒が大好きで、たばこもやめなかったらしいし。

母親も一時期気を使っていたからね、2人から糖尿の濃いい遺伝子をもらってる私。

・・・発症リスクは非常に高いはず・・・

 

先生が、ヘモグロビンなんたら・・・の数値が、ちょっと高いんだよねー。

これ、かなり可能性が・・・って。7%超えてる、って。

 

今年はいつにも増してぐだぐだした時を過ごして、自分を見つめ直してたりしたけど、見つめてる間に気付けば、尿に泡が出てたことは分かってた。

でも、それに気を回せるほど、余力が残ってなかった。

 

食べても太れないのはずっと体質で明らかだし、だから何も気にせず食べてたし。

調子悪いのは更年期だからだし、自律神経失調症もひどいからだし。

・・・って思ってたけど、更年期と糖尿病って意外と関係があるらしい。

 

女性に多い糖尿病の原因は?男性だけの病気じゃない! | 糖尿病のイロハ

卵胞ホルモン=エストロゲン
女性ホルモンの中でも、インスリンの感受性を高めて、
血糖値を下げる方向に働きます。

 閉経を迎えると、ホルモンバランスは乱れ、
エストロゲンの分泌量が減ってしまうため、
女性は血糖値が上がりやすくなり、内臓脂肪も付きやすくなります。

 えー! もう、めっちゃショック!!!

ん?でも、てことはよ? やっぱりホルモン補充をしていた方が、糖尿病のリスクは減らしていけるってこと?

でも所詮、最低値の39だからね・・・これも焼け石に水か・・・orz

 

今度は糖尿の検査を受けてきます(´∀`;)

 

最近、人生を真面目に考えるようになりました。

優先順位が今まで明らかに違っていたって気が付き始めました。

もっと自分を大切にして、楽しく生きなければ・・・

 

でも大丈夫・・・

早期発見したら、完治することもあるんだもんね(早期なの?もう手遅れ!?)

それに私には、アセンデッドマスターがついてるはずだしw

ケチな私が髙い検査費用を惜しげもなく出して、この数値を知ったのだって、

彼らが導いてくれたから!のはず!!

 

真面目に作品作り、しよう・・・

いつ死んでも後悔しないように・・・

 

track feed 猫とひなたとミルクティ