読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とひなたとミルクティ

あなたに手紙を書くように、私の日々を綴ります。

楽しい思い出をありがとう♡いくつになっても恋はステキ

はあ・・・Orz なんということでしょう・・・

こんな楽しい日々がずっと続くといいなって思ってました。

だって二回りも年齢離れてるし、まるで息子じゃん。

だから、時々その笑顔を見て、話して元気がもらえればよかった。

しかーし!!

次のシフト表に名前が入ってなかったんですよ。

考えてはいるって聞いてはいたんだけど、青天の霹靂。

私にはきっと話してくれるとか思ってたし。

 

先週の今日は、楽しいステキなシチュエーチョンでクッキーもらってw、こいつなかなかやるなーなんて思ってました。

かなり甘めの展開で、これのために朝から内心ぴりぴりしていたんだろうなって。

 

その3日後、お互い作業が忙しく、会話をしたのが上がる時でした。

ちょっとサービス残業してしまったので、悔しいなあ、はよ帰ろ!と思っていたら、なんだかやけに話しかけてくる。

彼はまだ作業中で、どっちにしろ上がるのはもう少し先なのですが、それにしても自分語りや質問責めにされたり。

普段おとなしく、1人黙々と作業をこなす人なのに、その日は誰かが隣りに来てもお構いなしに私に話し続け・・・

どうしたんだろう、まさか本気で私のことを~?! なんてことは思いませんけどw

 

その後客前で再会し、ちょっと会話して、じゃあ帰るね~と言うと、じゃあねー!と手を振るではないですか。

そんなこと初めてだったので、いったいどうしたんだろうと気になったのですが・・・

 

その日もらって来た次のシフト表を見て、まさかこのせい!?と気づきました。

彼の名前がないっ!!! 今日が最後の一緒だったんだ!!!

以前言ってた通り、やっぱり辞めちゃうんだ・・・私には言ってくれなかったんだ・・・

そのとたん涙が溢れてきて、やだよ~!と泣いていました。

 

まだあと2日彼はシフトに入っていたので、最後にもう1回話したいし、挨拶もしたいと思い、外で仕事上がりを待ちました。

次の仕事が入っているはずなので、ちょっと話せればいいやと思っていたのに、30分も話しまして。

「待っててくれたんだあ~」

「また会えるなんて思わなかった」

ステキなマスクのイケメンにこんなこと言われて、女冥利に尽きるわあww

目から下は見たことないから想像になってるけどね・・・

 

別の店でも働いていて、そろそろ時間だからとさよならしたんですが、「またね、また・・・」って言ってくれて。

ほんとーにいい子ですわ。子って言ってる時点でアレなんですがw

 

沢山の楽しい思い出を数か月の間だったけど作ることができて、ほんとーによかった。

やはり女性に必要なのは笑顔なんだなーとつくづく実感。

ニコニコしてたおかげで仲良くなって、一番話しやすかったとも言われました。

まずは信頼関係を築くことからですもんねー。

 

で!

どうしてもマスクの下が気になってしまっていた私。

会話中、向こうの店ではマスクしてんの?と聞くと、してないよとの答えが。

てことは、全部見れるってわけだよね!? これはなんとしても見なければ・・・

おいでよ!と言われてるものの、反日企業なのでw私としてはどうもなあ・・・

ここは行くべきと思いつつも、思考が猛反対してるので駐車場からそっと店内を覗くことにした。

 

あああっ!! あれだっっ(〃∇〃)

けっこうな至近距離で見た彼は、かなりのイケメンww

マスクを取ったら甘さ控えめなシャープな感じ。

ああ、これは絶対彼女が切れることはなさそうだな・・・と痛感。

いや、モテないわけがないだろうよww

 

あんなに頑として「行かないっ!!」なんて言わなきゃよかったよ・・・orz

ステキなイケメンとの片思いの愛の日々を肴に、今夜も一人ラム酒を傾ける私なのだった・・・

でもね、たとえ片思いだろうと、ステキな人との出会いがあって、心が揺り動かされて、まだときめけるっていうのが嬉しいのよね♡

おかげで首のイボを取りたいと思ってハトムギ食べ始めちゃったり、肌のハリをなんとかしたいってプラセンタサプリ飲んじゃって、気持ちもちょっと浮上してみたり。

 

本命は夏頃現れるって星が言ってたから、もう少し耐えて待つわ・・・

とりあえずこの早覚と味覚障害をなんとかせねば・・・(;´Д`)

広告を非表示にする
track feed 猫とひなたとミルクティ