猫とひなたとミルクティ

あなたに手紙を書くように、私の日々を綴ります。

頭皮をじょりじょり舐めてくれる猫!そんなに頭、クサいですか・・・?

その猫は某洋服量販店の駐車場に数匹セットで捨てられていて、

まだ目も開いていなかった子猫で飼い始めたのですが。

まったくね、捨てないでよね。無責任な。

 

で、初めて猫の母になり、ミルクをあげて、飲みながらおしっこをされて

便秘になれば綿棒で刺激して出したりして、いろいろありましたわあ・・・

そうそうその子はお風呂で泳いでた猫ですわ。

猫がお風呂で泳いでて、その音で目が覚めた(*_*; - 猫とひなたとミルクティ

 

さっき2階で洗濯ものを干していたら、全然かまってあげてない猫Bが

遊んでおくれよお~!と立って脚につかまってきました。

猫って寂しすぎるとかまってちゃんになるんですよねww

 

今日は全室の床をひば油水で拭いて、空気は爽やか&心なしか床に薄く油膜の

ツヤが出ていて。この方法ならズボラな私にも続けられそう(wax効果)

キレイにしたのは、たまには2階で猫たちとも寝てあげようかなあ・・・と思ったから。

猫たちの臭い肉球もひば油水で拭いて消臭&抗菌!!

今夜は久々、両脇に猫状態・・・w 熟睡は期待できないな(´∀`;)

 

で、その猫ちゃん、いつの頃からか頭皮をじょりじょり舐めてくれるように。

最初は昼寝していたとき、誰かに髪をかき分けられていることに気付き、

誰が何をしているのか・・・と様子を見ていたら、猫がふがふがしながら

頭皮をチェックしてくれていたのでしたw

 

これは愛情表現なのでしょうか? ずっと一緒にいるから私を猫と勘違いして

グルーミングしてくれていたのか・・・

 

なかなか気持ちいいので、そのまましたいままにさせておきました。

1か所が終わると(気が済むと?)爪でかき分けて別の場所をじょりじょり。

髪が口に入ると、げっ、ぺっぺっ!!って感じで一度離れるものの、再開。

かなり長時間やってましたね。

 

だんだんかき分ける時の爪の出し方が雑になってきて、痛いし雑菌が入って

化膿でもしたら最悪なので、そんな時は「今日はもう終わり!」とやめさせて・・・w

普段はおとなしくて静かな猫なのに、頭皮チェックの時は虎に変身(´∀`;)

 

いろんな猫がいたけど、頭皮をなめてくれる猫はこの子だけでしたね。

車で5日間旅に出た時も一緒に行きまして。

走り出した時はギャーギャー鳴いてましたが、しばらくすると落ち着いて

最後部のスピーカーの間に箱座り。車内のトイレも上手に使ってました。

 

最後はそけい部に血栓ができてしまって、虹の橋の向こうへ・・・

懐かしい猫の話でした。

 

広告を非表示にする
track feed 猫とひなたとミルクティ