猫とひなたとミルクティ

あなたに手紙を書くように、私の日々を綴ります。

カツオのアラで犬猫のおやつ・カツオジャーキーを作りました(^o^)

最近鮮魚売り場に並ぶカツオのアラ。

骨の入ってないバージョン、けっこうたっぷり身が入って100円♪

今量ってみたら、500gも!!

さばいたばかりなら鮮度もいいし、自分用の角煮も作っちゃいます。

カツオ(鰹)/日本の名物特産品

 

鮮度がよさげなので、犬と猫用に干してジャーキーを作ることに。

ペット用の市販品は信用してないので、最近長いこと自作してます。

気が向けばトリムネでも作ります。

 

では作り方です(〃∇〃)

ラップを取ったら身は洗わずまな板へどーん!

洗うと水っぽくなるし、水けを取るなんてめんどくさいしw

なんといっても食べるのは、口内に強烈な菌がいて胃液はちょ~酸性の動物たち。

おしりの管理は口でするし、たいてい何食べても大丈夫!!

冬は食中毒になる菌の繁殖増殖も皆無に等しいだろうしね。

 

繊維に沿って薄切りします。まぐろのお刺身みたいな感じ・・・

別に斜めにカットしてませんが、それも早く乾燥しそうでいいかも。

食材を干すときにいつも使ってるザルに並べます。

干す場所は今回は洗濯機の上、窓を少し開けて風をあてます。

f:id:fausta0612:20170217135341j:plain

f:id:fausta0612:20170217135446j:plain

 

今日は春一番だかですごい強風なので、表面が早く乾きそうww

接地面が乾燥するように、数時間おきに表裏をターンさせます。

冬場はこんなかんじで数日干して、冷蔵庫に収納するとあとは勝手にカチカチに。

 

問題は夏場ですね。ネトが出てきちゃったら悲しい結末です・・・orz

 

6-2 食品の保存技術による農産物の賞味期限延長  より

http://zofrex.co.jp/shokupro/1-6.pdf

 注)ねと;  食品がねばねばし、 粘液状になる現象 

 

夏場はときどき鶏の砂肝やササミを干したりするのですが、

日陰で風にあてるのを忘れたりターンを頻繁に行わなかったりで、ねとねとしてきて

慌てて野菜室に入れっぱなしにして干してます(^ω^*)

 

完全に乾燥させちゃえば、大丈夫なのよね~

 

ターンは素手でささっと。

素手ならネトの具合も分かります。

 

手作りジャーキーを食べてる時の犬猫は凶暴になりますw

相手に取られないように口にくわえて別の場所へ消えたり、

犬はウ~ッと猫を威嚇したり。

 

安いアラが出てる間はまた作ってあげるから、ケンカしないでください!

広告を非表示にする
track feed 猫とひなたとミルクティ