猫とひなたとミルクティ

あなたに手紙を書くように、私の日々を綴ります。

女性スタッフしかいないはずの女性外来でじ~っと乳を見てた男性スタッフに嫌悪感・・・

かな~り前のことなんですけど。

なんとなく乳腺のしこりというヤツが気になった時期がありまして、

お風呂に入った時、石けんで洗いながら自分で乳検査をしてみました。

あっちこっちからムニムニ押したりつまんだりして、

表面と内部に何かないか、探りました。

 

すると!!Σ( ̄ロ ̄lll)

小さい、コリコリした粒を発見しました・・・orz

こっ、怖い・・・これ、良性?悪性?

 

マンモグラフィーも触診も1度もしたことなし。

挟まれた時にちょ~痛くて泣く!って誰かに聞いたことがあったのですが、

検査以前にはたしてこの乳、挟めるんだろうか・・・とそっちが不安だったりしてw

 

とにかくこの粒がなんなのか、もう気になって頭から離れません!!

ネットもしてなかった頃なので、いつもお世話になっていた家庭の医学を読み、

きっと大丈夫・・・と思いつつ、タウンページで医療機関をチェック。

 

すると、スタッフは全員女性なので、安心して検査が受けられます!と書かれた

女性専門外来を発見しました。

大きめの病院内なので、お任せしても大丈夫のはず!と予約を取りまして・・・

 

悪性だったらどうしよう・・・とそればかり考えて病院へ。

マンモは・・・撮ったかな? もう忘れちゃいましたww

ほかにもあるかもだから、やったのかな?

 

そして触診へ。

壁際に設置されたベッドに横になり、上は前開きのシャツにフロントホックのブラで

女医さんにすぐ診せられるように完璧(〃∇〃)

因みにカーテンは始終全開でした。女性だけだから、ってことなのでしょうか?

しこりがあったの、どの辺でした? えーっと、この辺かな・・・?

そんな会話をしながらしこりを探してもらって・・・

 

あ!これですね! と先生がしこりを見事発見して、

組織検査のために注射器で内容物を吸引。

 

そんな感じで検査は進んでいったのですが、

先生がベッドを離れた時、女性外来に用事で来たらしい白衣の男性が

ベッドから2mくらいのところで女性スタッフと会話・・・

背中を向けての会話ならまだしも、そいつ、こっちをじ~っと見ながら・・・

 

スタッフは全員女性だから安心です!って書かれてたのに、

なんで奥まで男を入れるんだ!? この嘘つき!! 

安心だから、わざわざちょっと遠いこの病院を選んだのに!!

きゃー!つって、乳を両手で隠した方がいいのか?

てか、どうしてこいつ、私がにらんでるのに目を反らすことなく

ずっと乳を見続けてるんだ?

おまえぇ・・・

 

まあ別に見てもいいけど・・・と思いながら、

あの頃の私はおかしいと思ってもまだ声を上げることが多くなかったので、

我慢して黙ったままもやもやした気持ちで帰宅したのだった・・・

 

検査結果は、異常なし!!(´∀`;)

あれからその後1度も再検査も自己チェックもしてないけど、

私は今日もなんとか元気に生きているww

 

これからは、おかしい!と思ったら、人前ではっきり口に出して行こう!と

この件を思い出して心に誓ったのだった・・・・・・

広告を非表示にする
track feed 猫とひなたとミルクティ