猫とひなたとミルクティ

あなたに手紙を書くように、私の日々を綴ります。

老犬の狂犬病予防注射を免除してもらったよ♪

うちのわんばあちゃん、ミレニアムの頃生まれ。

人間換算では、もう80歳を超えそうなあたりです。

毎年、今年は夏を越えられるのだろうかと心配するのですが、

取り越し苦労なようで。

後ろ足がぶるぶるするくらいで老化が緩やかなのかもしれません。

 

ここ数年は、体調に波が感じられるというか・・・もう安定感はないですね。

大量に水を飲み続けたり、げこげこ吐き気があったり、息が激しかったり、

寝床に尿が漏れてても全然お構いなしだったり。

 

でも、いよいよかぁ・・・と思ってもまた復活してるw

最近は再び体調もいい波に乗っているようで、トイレもご飯前に行くし、

もっとご飯下さいよ!とかいう目で見るし ( ̄▽ ̄;)

ひょっとして、こいつは死なないんじゃないかって思う・・・w

 

わんばあちゃん、ずっと狂犬病注射やってたんですけど、

10歳過ぎて打った時に、接種後ぐったりしたんですね。

先生に相談したら、もうしないほうがいいかもね、と言われました。

ここに引っ越す前の話なんですけどね。

 

自分の事でバタバタしていて生きるのに必死で、犬関係はすっかり忘れてまして、

登録変更のお手紙やら頂いたのに多忙で先生に伝えるのを忘れ、

こちらの役所からもお手紙を頂いたのにやはり多忙と体調不良で存在を忘れ、

今年のお手紙で、はっ!そういえば!!ってなことになったわけです。

 

獣医さんで書いてくれるという猶予証明書にも無料と有料があるらしいことも知り、

どうしたらいいものか、検索しまくったら!

あらら~w、金がかかるとかそれ以前の問題だったのね・・・

狂犬病予防ワクチン注射のからくり 狂犬病予防法は御用済みの悪法だ! 

  狂犬病の主な感染源として問題になっているのは、欧州では犬ではなく、アライグマとキツネであり、アメリカではコウモリ、アライグマ、キツネ、スカンクだ。アフリカではジャッカルとマング-スだ。日本では、なぜか、犬だけが悪いように宣伝されている。  

plaza.rakuten.co.jp 

 獣医界では4月から始まる狂犬病集合注射の時期の収入はボーナスと言って、ほくそ笑んでいる。獣医師会の悪魔の魔王からのボーナスだ。犬の健康や命に有害無用なワクチンをだまし売りして得たあぶく銭だ。  

cordy.monolith-japan.com 

 世界に目を向けてみれば、日本のように長期間狂犬病とは無縁の国々(清浄国)があります。それら清浄国の中には狂犬病の予防接種の義務づけをやめた国もあるのですが、実際のところ狂犬病が蔓延するような状況にはなっていません。このような事実を知ると、犬の気持ちになってみると、そろそろ日本も法律を見直す時期なのかなと考えてしまいます。

・・・・・・・・・・・・

今日の日本において狂犬病で命を落とす犬はいなくなりましたが、残念ながら狂犬病予防注射で命を落とす犬は毎年発生します。 

 

☝この矛盾、理解できるでしょ?守るべきは誰?

 

面倒なので思い切って直接役所に電話して説明してみることにしました。

申し訳ないけど、うちの犬はばあちゃんで、以前接種後こんな症状が出て、

最近は元気だったりぐったりしてたり・・・だからもう打ちたくないんです、と。

 

すると快く、了解です!来年も通知が届くかもだけどご了承くださいとのこと。

住所&氏名、犬のデータなど伝えて、終了(´∀`) よかったわあ~~ 

 

www.ava-net.net

 米国などは3年に1回だという。米国は狂犬病発生国だけれど、それでも予防接種は3年に1回ですむ。だいぶ前に、そのことを電話で農林水産省に尋ねたところ、電話口に出た担当者に「なぜでしょうね」といわれた。

 狂犬病予防接種による副作用のことを考えても、犬の負担を少なくするために、米国のように3年に1回でいいのではないだろうか? 米国で使っているのと同じワクチンを使うか、接種間隔が長い狂犬病予防のワクチンを開発すればいいだろう。

 義務として打たなければいけないのなら、長期間有効なワクチンにしたほうがいいと思う。予防接種での犬への負担もそうだが、回数が少なくなれば飼い主や 自治体の財政の負担も少なくてすむ。どうしても毎年打ちたいという人は、任意で1年間有効の注射を打てばいい。それとも、年に1回打たなければいけない理由がほかにあるのだろうか。 

日本はそれこそまだ「アメリカの犬」なんだから、

接種頻度は3年に1度って追随した方がいいですよね♪(3年に1度案に賛成!)

 

これじゃ利権云々言われてもしょうがないね・・・w

狂犬病予防の実態:獣医師会の利権と圧力〜会員支配と非会員の排除〜: Barking Dog

  狂犬病の接種率が低下すると当然、利益は減るでしょう。本来、会費で補うべきところを会費を上げずに予防料金を上げるのです。(公務員会員を抱えているため、高い会費は獣医師会離れを招き行政への影響力が低下する。)料金を上げるのは、自分たちの腹を痛めずに、法に従う真面目な飼い主に負担させる汚いやり方なのです。
このように、飼い主は、獣医師会の運営のために狂犬病予防を続けているのです。狂犬病ワクチンに対して3年に1回の話が獣医師側から出ないのも、そうすると利益が3分の1に減ってしまうからです。 

・・・そーゆーことかあ・・・(゚▽゚;)

 

そうそう私、訳あって自分の犬にふくらはぎをかまれたことがあるの。

原因は前を歩いてた人が自分の犬をなぜか放して、こっちに走ってきてしまって、

うちの犬(臆病ゆえに特定の犬に対して時々凶暴化する)と噛み合いになって

両者が血を見るのは避けられないと予想したから、

2頭の間に私の足を入れて、放した飼い主が到着するまで時間を稼ごうとして・・・

がぶっww

f:id:fausta0612:20161214134735j:plain

飼い主さん当然土下座してたけどね(´∀`;) ☝牙の跡と紫色が・・・w

 

注射をしてたからもちろんなんともなかったとも言えるのかもしれないけど、

犬の口内はすごく汚いから別の菌で化膿する可能性があったので、

今考えるとそっちのほうが怖いね。

水でよく洗ってから念のため消毒用アルコールで拭いてから

近所の外科で処置をしてもらいました。

しばらく腫れて怖かったなあ・・・

 

でも猫やほかの動物だって「リッサウィルス」(狂犬病ウィルス)を

保有してるんじゃ・・・

peco-japan.com 

 狂犬病ウイルスは人間を含む多くの動物に感染する不治の病です。 ウイルスに感染した動物に噛まれることによって「唾液」から感染します。日本では心配ありませんが、海外ではコウモリやアライグマ、キツネ等の野生動物から感染することもあります。 

 

 前ノラちゃんに魚をあげようとして、手の甲をバリッ!!と引っかかれて、

ちょっと血が出て腫れちゃったことがあったけど、大丈夫だったよ~(´∀`;)

 

てなわけで、犬だけに強制的に接種を続ける業界の体質は変だよね。

日本人よ!愛犬家よ!!ちゃんと裏側を勉強してこれ以上騙されるのはやめよう!

信じてる人だけ注射打ってもらって寄附金を払えばいいんじゃないのかな?

 

インフルエンザワクチンみたいに任意で人が接種するように法律が変わったらいいね。

てか、みんなで変えるように流れを作っていかないとだね~(o´∀`o)

change.orgで、やってみる?

 

こんなの見つけたんで、最後に貼りますね・・・w(狂犬病・在日で検索♪)

blog.livedoor.jp

 1950年、日本は戦後の狂犬病流行のピークだった年です。
日本は1922年に家畜伝染病予防法が制定され、
その効果もあり1932年から戦争末期まではせいぜいあっても20件ほどと
当時の世界の中でも稀な狂犬病清浄国だった言えます。

・・・・・・・・・

それではどうして狂犬病が増えたのでしょうか。

産経新聞』1950年6月28日付の記事には

終戦後、我国に不法入国した朝鮮人の総延人員は約20万から40万と推定され、在日朝鮮人推定80万人の中の半分をしめているとさえいわれる。


とあるんですね。その不法入国した在日朝鮮人の祖父母たちは、
なぜ、折角、"連行" された日本に舞い戻ったかというと
朝鮮の方が地獄だったからですね。

・・・・・・・・・

で、なぜ、密入国とともに狂犬病が増えたのか。
それは "食糧" として犬を連れてきたからなんです。

・・・・・・・・・

故意かどうかは今となっては不明ですが、
結果として、"生物兵器テロ" であったことは確実と言えそうです。


尚、南朝鮮では毎年、狂犬病が発生していますが、
厚生労働省は台湾での発生は伝えますが南朝鮮での発生は伝えません。
これも "報道しない自由" の一種でしょうかね。

 いっぱい引用させていただきましたm(__)m ありがとうございます!

日本人の皆さん、こちらのサイト大変勉強になりそうですよ!ぜひ読んで!!

てか、まさかのここに辿り着くとは自分でも今ビックリ中www

 

狂犬病から日韓断交へと結びついてのまとめ終了ですw

 

広告を非表示にする
track feed 猫とひなたとミルクティ