読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とひなたとミルクティ

あなたに手紙を書くように、私の日々を綴ります。

好意の返報性は・・・相手にもよる? 愛を感じた仕事中(´∀`)

仕事

愛っていっても人類愛とか平等愛とか、そういうひろーい意味ですね。

でもきっと彼にとっては先日の私からの褒め言葉はたいそう嬉しかったのでしょう。

まだ若いし、いい所はどんどん教えてあげて、成長してほしいし。

 

彼のいる近くで作業中、そこに差し掛かった時、ふと気が付くと彼がこれから

やる場所をサッとやってくれているでは!!(o´∀`o)

おお~! これはまさに先日の好意を喜ばしく思っているに違いない

彼からのお返しではないだろうか・・・

※いい子なので、きっとみんなにそうしてあげてるんだと思うけどね☆

 

若いからテキパキ早い!!

片側だけ片付けてくれたので、笑顔で「ありがとうございます!」というと、

マスクで覆われた顔から見える目が笑っていた。

 

嬉しいのお・・・w

彼にとっては人畜無害のいい人であり続けなければ・・・イメージを崩してはならん・・・

ほかのヤングなイケメンには地を丸出しで接しているので楽なのですが、

彼にはマリア様のようなイメージであり続け、

いつでもヘルプに来てもらえる状態をキープしなければ・・・w

 

私とこの彼との間には信頼関係が構築されているので、きっと好意の返報性の

法則が成立するのだろうと思うんですが、もし、相手が変なおっさんだったら

もちろん私も余計な関わりはそもそも持たないだろうし、

彼も、なにを言ってるんだこの怪しいBBAは・・・( ˘•ω•˘ ;)と警戒心を持てば、

あれから完全にシカトされてるはずです。

 

ということは、深入りしてない今の段階では生理的に大丈夫ってことね!!

私が美魔女とかで「おれ、狙われてるのかも・・・」と恐怖を抱かせてしまっていれば

きっと彼も余計なことはしないだろうな・・・

この風貌だからこその安心感ww(いや、見た目と内心は関係ない・・・w)

 

まるで息子のような彼を、見守っていきたいと思うわけです。

社畜になって、日々に変な満足感、覚えるなよー!!

広告を非表示にする
track feed 猫とひなたとミルクティ