読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とひなたとミルクティ

あなたに手紙を書くように、私の日々を綴ります。

オガ備長炭も試しに火鉢で使ってみた!! 

豆炭、切炭と使っているけど、ほかにもあるなら勉強しないと・・・と、

Amazonの炭売り場をうろうろしてみました。

すると、オガ備長炭なるものを発見!!

なっ、なんだ、そのネーミングは!!!

 

オガはおがくずのオガ、形が備長炭・・・ふ~ん・・・

いったいどんな感じなんだろう、火力が強くて持ちがいい・・・

レビューを見ると、火鉢で使ってる人もいるみたい・・・

コスパは切炭よりちょっとよさそう。

 

じゃあ1回試しに使ってみようかな~ってなわけで、

今回こちらのオガ備長炭10kgを購入!

f:id:fausta0612:20161112220054j:plain

炭魂さんから購入しました!

aqua-trading.jp

Amazon店で買うより、直接の方がちょっとだけ送料が安くなったのよね。

 

1箱で10Kg・・・ずっしり重かった・・・

f:id:fausta0612:20161112220837j:plain

ドキドキの初顔合わせ・・・

こんにちは~♪

f:id:fausta0612:20161112220936j:plain

黒い棒が・・・w

 

イメージ的にはふがしのふーちゃんだったんだけど、

けっこうずっしり1本が重いんだね~

f:id:fausta0612:20161112221114j:plain f:id:fausta0612:20161112221158j:plain

 

そのまま使うのは長すぎて無理なので、

どこかのレビューで読んだように、とりあえずカットしてみることに。

f:id:fausta0612:20161113114858j:plain

ノコを入れてみると、しっかり硬いけどさくさく切れました。

おがくずの塊なので、さらさらのカスが出まくりww

f:id:fausta0612:20161113115052j:plain

切り終わりで何度も下にボトッと落として、炭煙があがったので、

きっと部屋中の物の上がうっすら黒くなっちゃったはず・・・

次回からは絶対外で作業しよう・・・(;´Д`)

 

豆炭よりちょっと大きいくらいのサイズにカットしました。

粉も当然取っておきます。

f:id:fausta0612:20161113115613j:plain

奥の方には、すでに細かく壊れて切る必要のない状態のモノもありました!

 

 

じゃあさっそく火鉢にくべてみよう!!

※因みに「くべる」って「焼べる」と書くのですね・・・

f:id:fausta0612:20161113120016j:plain

豆炭と切炭が先に燃えているところに、オガ炭を寄せておいてみました。

着火はしづらいとレビューにあったので、最初からつけるつもりはなくて・・・

でも豆炭も上手にやらないと着火失敗することもあるので、

似たような感じじゃないかなーと思います。

 

 

数分後・・・

f:id:fausta0612:20161113120323j:plain

火が移りましたよ~~♫

 

おお!これは確かに火力が強いから、暖を取るのにもいいかも(o´∀`o)

f:id:fausta0612:20161113120636j:plain

穴から火が出てきます!! 煮炊きにもよさげ☆

 

あんまり燃し過ぎても早く終わっちゃいそう・・・どーしたもんだか・・・

でも寒い日はとりあえず3つくらいガンガン燃したらよさそう。

 

耐久時間もわりとよかったかも。

火が出てるのに、長く持った気がします。

ただ、あまり動かしたり、ほかの火仲間から離しておいたりすると、

そっと消えていくかもしれない・・・

ある程度、活気がないとだめそうかも。

実際、もう1人で大丈夫そうな子を離して単独でおいてたら

し~ん・・・って、消えてました・・・(´∀`;) 早すぎたかな??

 

埋めたらどうなるのかな?

最近夜も暖かいので、まだ実験してませんw

 

でもねえ、10Kg1500円プラス送料だと、火鉢にはやっぱりコスト的には豆炭かな?

灰の量がちょっと多いかもしれないけど、安いよね。

豆炭も寄せれば火がボーボー出るし。

 

まあ生きてるうちに、いろいろ楽しめばいいんだけどね。

小事にこだわり過ぎず・・・

 

みんなで炭ライフ、楽しみましょう~!!

 

【追記11/23】

オガ炭、なかなかいい感じ!

燃えてる時、木工所を思い出させるニオイがします。

網に乗せてガスコンロでじかに着火させてるんですが、

豆炭・切り炭とあまり大差ない着火具合です。

3種類とも乗せて(豆2岩3オガ1)、5分くらいじっくり着火してから

火のついてる部分同士を近くに合せて置くとそれぞれの熱で強く燃えます。

私はまず下に切炭の火のついてる部分を上に向けて置き、それを囲むようにして

小さなテント状に残りを立てかけて積み上げます。

その後は息をかけたりはせず、じっくり放置・・・紙じゃないのでね。

失敗してたら再着火。

 

灰はほわほわで軽いですね。ほんとに木を燃したって感じです。

 

コンロで着火してると下に燃えカスや灰が落ちていくので、

冷えてる時に掃除機で吸い取ってます。

灰が溜まりすぎて囲炉裏になったらガスが怖いからねw

 

12/26 オガ備長炭、いいですわ!(^ω^*) 切る必要があるほど長いのは

箱の上部の数本くらいだし、最近はもうめんどうなのでw10cmちょいくらいなら

早い時間にくべてしまいます。夜の調節に小さいのを回してます。

火のあるところに乗せておくと着火も早いし、あったかい!!

でもやっぱり燃え尽きるのも早いかも。

逆に切炭に、もっと燃えていいぞ!!とエールを送る時も・・・w

 

オガ炭は筒の周りから灰が形成されていくので、知らぬ間に下の灰と同化して

無くなる寸前だったりするので、やかんから湯気が出なくなったら要チェックですね。

 

1/14 灰の中に埋めておくと、一晩持って、翌朝の種火にできたりします。

全体を表面に出しておくとそれなりにさっさと燃え尽きちゃうんですが、

最初から軽く灰に埋めておいたほうが燃費がいいかも。

もうカットするのも面倒なのでw最近は15cmのものも無理やり押し込んでます。

ロングなのは朝一で着火して埋めておけば、かなり長く持ちます。

オガ備長炭、けっこうお気に入りかも~♡

広告を非表示にする
track feed 猫とひなたとミルクティ