猫とひなたとミルクティ

あなたに手紙を書くように、私の日々を綴ります。

寒くなる前にチェック!豆炭アンカの岩綿を補充したよ

今年もいよいよ冬到来!

冬季の夜と明け方、末端が寒くて痛くて辛いのに、誰にも温めてもらえない、

もしくは温め係はいらないけど、冷え性だけはなんとかしたい!と

思ってるあなた!! これよ! こ・れ!! 

泣く子も黙る温もりアイテム「豆炭アンカ」を使ってごらんなさい♡

f:id:fausta0612:20161106082036j:plain

うちには私用と猫用に2つあります。(☝茶色いのはサビね)

犬は湯たんぽね。

 

このアンカはなぜ凹んでいるかというと、布団を2階に干そうと持ってあがって、

途中でスキマから落ちてごろんごろんと階段を・・・

ショックだった・・・w でも壊れてなくてよかった・・・(T▿T)

朝は必ず布団から取り出すことを肝に銘じた私なのだった・・・

 

 

もう5年近く使用していて、綿が潰れてきてます。

豆炭がきれいに取り出せてそれはそれでいいんだけど、

熱さが近いというか、ホカホカよりアチチチッって感じで。

しかも早く放熱して終わっちゃうからね。

f:id:fausta0612:20161106082124j:plain

そんなわけで今回は凹んだ部分にだけ、岩綿を補充することに。

 

因みにアンカは某ホームセンターで2500円くらいで購入。今は高いんだよね!

4000円くらい?? でもこれがないと、生きていけない・・・w

岩綿はネットで調べて、ホームセンターで買うといくらか見積もってもらって、

そっちのほうが安かったから買ったんだったかなあ・・・(忘れましたww)

送料入るとお得感が変わってくるからね。

 

こちらが岩綿ね。アスベストと違うから大丈夫。

気になる人はマスクとかしたらいいかも。

屋外で作業しました。

f:id:fausta0612:20161106082207j:plain

開けると、岩綿もっさり。

f:id:fausta0612:20161106082241j:plain

 

 

まずマイナスドライバーでそっと全体をこじあけます。

深く挿して曲げると壁もグニャッと曲がっちゃうので、加減してね。

曲がっても叩き出せるかも。柔らかいから。自己責任でね!

f:id:fausta0612:20161106091655j:plain

f:id:fausta0612:20161106091749j:plain

フタを外します。

豆炭が置かれてる以外の場所はへたってないので、そのまま。

f:id:fausta0612:20161106091856j:plain

岩綿を適量取り、

f:id:fausta0612:20161106091950j:plain

軍手は炭でまっ黒。

 

画像を端折ってしまったw

まず穴を軽く埋めて、もう1枚を薄く乗せて、平らに整地してなじませます。

f:id:fausta0612:20161106092035j:plain

綿を乗せたらフタを戻して両手で強くはめ込む!

 

はい、右側1つできた☆

f:id:fausta0612:20161106092121j:plain

次、左側。

まず穴埋め。こんな感じ。

f:id:fausta0612:20161106092202j:plain

そして段差をなくす感じで薄く・・・

指先で軽く均してね。

f:id:fausta0612:20161106092243j:plain

そしてフタをして・・・

 

やった!完成っ!!

f:id:fausta0612:20161106092327j:plain

 

使用感・・・

思ったより補充が多すぎて、豆炭を置いたらパンパン。

買った当時の状態に似てるかも。

 

なかなか外に熱が伝わってこないので、豆炭をしっかり加熱しておくか、

早めに準備をしておかないと、欲しい時に寒くなる・・・( ˘•ω•˘ )

フタを閉めたら細かい灰の粒子がポフッと出るので、そっと閉めないと!!

温もりは長続き。まだあったかいか!!ってくらい♡

だから作るなら午後3時ですね。家の中が冷え込む前に早めに仕込むのがベスト。

 

それと終わった灰がキレイに取り出せない!

フタを開けると灰が半分に割れて、それぞれにくっついたままなのです。

これはいかん・・・(使ってないスプーンでほじってます)

綿は気持ち少なめでもよかったかなとちょっと後悔・・・

まあ、そのうち潰れてくるでしょ。

track feed 猫とひなたとミルクティ