猫とひなたとミルクティ

あなたに手紙を書くように、私の日々を綴ります。

早朝の動悸・・・もう治らないのだろうか・・・副交感神経の大切さ

私が早朝の動悸を感じるようになったのは、

今から約2年前のことでした。

 

仕事と家の事に追われ、気の休まらない日々を長いこと送っていました。

上手にオンとオフを切り替えるのがヘタなんですよね・・・

だからいつもオン状態。

時間とお金がないから、常に頭の中で何かをぐるぐる考えてました。

 

まだ行ける!って自信もあったけど、限界が来たんでしょうねーw

心理的に本人の自覚がないのが、一番の問題ですね。

 

耳栓して寝ているんですが、朝5時過ぎになると

「・・・ドックン ドックン ドックン・・・」って耳の中で聞こえるようになって。

同時に胸もドキドキしてる感じがしてました。

これが動悸だとはまだ知らずにいて、どうしたんだろう?とビックリ・・・

 

発汗、ほてり、早朝覚醒、指の関節のこわばりなど、多種の不定愁訴があり、

これは年齢的にも絶対更年期だ!と思い込んでパッチを貼る事にするんですが、

ストレスと疲れがたまっての自律神経失調症だったわけですね!

 

この年齢なら、まずは婦人科へ!みたいな思いがあったのですが、

心療内科のほうがよかったみたい・・・

今思えばねw

 

その後も「思い込み更年期」と闘いながら多忙な日々をクリアしていくわけですが、

半年後、とうとうダウン。力尽きました・・・orz

 

それから1年、貯金もあるし更年期だし無理しないでちょっとゆっくりしよう!と

自分を許し、だらだらとやってきました。

その間も早朝の動悸は収まらず、不定愁訴は出たまんま。

早朝覚醒は不定期にやってきます。突然またぐっすり眠れるようになったり・・・

 

そして7月末に婦人科でまだ更年期ではないと断言され、では一体原因は・・・

と過去データから見極めるに、またがんばりすぎによる自律神経失調症であると。

 

幼いころからがんばることを要求されてきた私。

しかも自分の事ではなくて、親に対して=他人に対してがんばれと。

そのせいでまたやりすぎて、自分には休みもご褒美もあげずにいました。

それじゃ疲弊するわな!!

 

友人が、「40代に入ったら、ときめきは徐々に動悸に変わっていく」って

言ってたんだけど、それは体内老化の点からも認めざるを得ないのかも。

kounenkishougainoshoujoujosei.info

まさかの心疾患だったら怖いけど、このくらいじゃ検査しても何も出ないと思う。

でも若い時、お風呂で急に息が吸えなくなったことがあって、

それが今に繋がってたらどうしよう・・・とは思うね。

 

私の動悸は早朝だけで、目が覚める5時前後に起こります。

7月中はよく眠れてたのに、最近2カ月近く早朝覚醒で絶対5時前後に目覚めます。

2度寝は不可。朝からばっちり目が開いて、でも目の奥がキーンと痛い(;´Д`)

 

もともと交感神経が活発なタイプなので、もっとリラックスして

副交感神経を働かせないといけないと最近知りました。

rules-of-success.jp

 

副交感神経が優位になるのは、主に睡眠時やリラックス時。夜間の睡眠や食事中、入浴中などが該当し、身体の疲れを取ったり不調になりそうな部分を回復している時間です。マッサージを受けているときに、身体が暖かくなり眠くなることがあるかと思います。副交感神経が優位になり、筋肉が緊張を解き血管が広がることで、栄養や酸素、体温が全身に行き渡り身体の修復が行なわれるのです。 

 

 

夕方になったら、ゆったりした気分でリラックスできるように、

自分に優しくしてあげないとダメですね・・・

ぐっすり気持ちよく眠って明日も自分らしく1日を楽しむためにも

お風呂で心身解放、ご飯もおいしく食べて、PC作業も早めに終了・・・

 

運動不足もダメなので、室内でエア縄跳びを始めました!

リズム運動はセロトニンも増やすみたいだし、ちょっと汗かいてスッキリ!!

 

最近は夜こんなんばっかり聞いてます♡

www.youtube.com

今にも寝てしまいそう・・・w

 

この早朝覚醒が終わってまた7時間以上ぐっすり眠れるようになったら、

きっと動悸は収まっているのでしょう。たとえ一時的であれ。

今は6時間前後しか眠れず、常に目の奥が沁みるように痛くて辛いです。

目周辺の小じわや、目袋もうっすら・・・まいった・・・

 

もっと副交感神経を大切にしましょうね~(*´д`*)

広告を非表示にする
track feed 猫とひなたとミルクティ