読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とひなたとミルクティ

あなたに手紙を書くように、私の日々を綴ります。

名前の不思議・やっぱり縁があるから?

私の場合なんですけど、両親と19歳の時に大大大好きだった人と同じ名前の人と

出会う確率が非常に高い事が最近のデータで顕著になりました。

深くつながる感じのある人に、それが色濃く反映されてる気がするだけ?

因みに兄弟に関することはまったくないのよね・・・

 

まずは両親。

亡き父親(育ての父)を仮に「かずとし」としましょう。

私が若い頃にはまったく出会うことはありませんでしたが、最近7年以内に

まず1人目、文通相手がひっくり返しての「としかず」さん。

次にこれもまた文通相手で、最初がちょっと違う「よしかず」さん。

そして先日のメル友で大好きだった人、これまた「としかず」さん。

 

同じにはならないものの、逆さでかなり似てる響き。

1人目には、脱チェリーの講師を依頼され、好きな人以外とはできません、と

丁重にお断りをしてしまったこと、今では激しく悔やんでおります・・・w

よしかずさんには、私生活を心配されて指導もされてますwww

 

そしてメル友さん、なんとお姉さんが私と同じお名前で!!!(T_T)

私の亡き生みの父の漢字の1文字を「としかず」さんにも使われてまして、

音読み訓読み関係ですね。

 

縁は深かったかもしれないけど、もう終了したのであった・・・

(あれから貪るように男性メル友を漁って心の穴を塞ごうとする私・・・無理だw)

 

次に毒母!!

もうね、私の人生においてこの名前を聞くことは出来るだけ回避していきたいけど、

身近で長いお付き合いになりそうな場面で出て来るのよ・・・どうしてっ⁉

 

こちらもやっぱり若い時は皆無だったけど、ここ10年ね。出没は。

まずピアノの先生。講師の氏名欄を見たらあったけど、数人いたし、

確立的にはまあ・・・って感じで祈ってたわよ。

でも来ちゃったわね~・・・orz 苗字で関わるから別にいいけど、気分的に・・・

 

そしてこの方がまさにそう。私が今生でたぶん一番お世話になってる・・・近所の方。

家の下見に来た時、背後から話しかけてきてくれて、

「あらじゃあ、住んじゃえばいいじゃないですか♡」って!!!

えっ!!!って思ったけど、背中を押された気がして(実際には時間がもうなかったし)

ここに決めたわけです。

 

そして改めてご挨拶に行くと、ああっ! まさかの毒母と同じお名前ですかっ!!

でもまあこちらも苗字でお付き合いすればいいんだし・・・と思いつつも

やっぱり気持ちがなんだか不安定になるのは否めない・・・w

 

赦したら楽になるとかいうけど、赦すも何も離れていて係わらないことしか

私には選択肢がない。赦すより・・・その存在を忘れたいっていうかな。

その名前の響きを聞くだけで、過去の辛い事が芋づるで出てきちゃうのよね。

これは神が与えた学びの試練なんだろうなあ・・・と思ってる。

乗り越えられるレベルに達したから、あえて教材として逢わせたんじゃないかな。

でもね、本当にいい人で、私は母親代わりだと思ってる。

「見返りを求めず与え続ける人」ってこういう人なんだろうなあって・・・

私がうまく返せなくても全然気にせず、変わらないの。ありがとね・・・

最近では時々下のお名前で呼べたりもして、イメージが変化してきたかも。

 

そして最後に19歳の時に大好きだった人と同じ名前の人。

終わった時には世界がセピア色に見えて、食欲はなく砂を食べてるよう・・・

それくらい大好きだった人と同じ名前の人との出会いの確率が高い!!!

昔のことはおいといて、最近のネタとしては・・・w

 

上に書いたお世話になってる近所の毒母と同じお名前の方のご主人がそう!!

最初、びっくりしましたね~~ww セットか!!w

まあ、たまたまそんなこともあるわな。よかった「かずとし」じゃなくて。

 

それと、ここに来てから道で会うと良くお話をするおいちゃん(既婚)がいまして。

田んぼを管理してるので散歩してるとよく会うんですけど、この人が同じ名前。

「飲みに行こうよ~~」なんて時々誘われたりして・・・(´∀`;)

ある日爆走する1台の軽トラを発見しまして、すっごい走りだな~・・・って思ってたら

私が到達する予定場所へ先回りするために飛ばしていたことが判明!

「・・・やあ!」なんて言われて、えええ~・・・って・・・ww

(好きな人にならされても嬉しいのにねww)

で、その軽トラのナンバーがなんと大好きだった人の誕生日なんですよ!!!

やめてほしいんだけど!!(T_T) ☜心の声・・・

 

縁はいろいろあって、きっと魂レベルで見守ってくれてるんだろうけど、

今は現実的にギュッとしてくれる人が欲しいのだ・・・

ACからの脱却がだんだん図れそうな今日この頃・・・

人生が終わるまでに、子供に戻って人の温もりに正しく甘えてみたい~♪

広告を非表示にする
track feed 猫とひなたとミルクティ