読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とひなたとミルクティ

あなたに手紙を書くように、私の日々を綴ります。

具体的に褒めてくれる人の存在(・∀・) アリガタヤー!

その他

今日は足取りが軽く、スキップしたいような気持ちで~す("▽"*)すっごい眠いんだけどね、それをも吹っ飛ばすようなHappyな脳内♡ ときどき私の神様がごほうびをくれるんだよね。

 

実は、仕事ぶりをさらっと評価してくれる人がいたのです!!(;∀;)

 

その人は酒が入っていてwだから余計にさらっと言えたんでしょうけどね。そういう時、神の言葉をその人の口を借りて私に伝えていると思ってます。

 

そして自分でもそのがんばりを認めていたので、喜びも2倍3倍!! あ~やってよかった・・・無駄な時間じゃなかった・・・とじんわり味わって・・・(T_T)

 

前は自分を卑下して生きてたから、誰かがほめてくれても半信半疑で「そんなことないですよ」っていうのが口癖でした。だって、あの毒母が私を長い時間をかけてそう洗脳したからね。お前なんてダメだ!!って。

 

相手の好意をそのまま受け入れることができなかったわけ。それって人生大損してると思うわ~!どこに立つかで解釈が変わるもんね。よく言われたっけ、ほんと、ひねくれてるねって。ほめてもそのまま受け取らないねって。

 

でも解毒できて洗脳も自分の力で解けた今では、誰かがほめてくれたら素直に嬉しいと思えるようになりました。

 

人はそれぞれ成長して目指すところに歩んでいくけど、こういうちょっとした言葉のプレゼントでまたいっそうがんばろう!って思える。

 

思ってるけど言えない、もしくはあえて言わないってこともタイプによってはあるだろうけど、私の場合はそれが溢れだしてどうしようもなくなったら勝手に口から出ちゃうのよね。困ったもんだ(*_*;

 

以前、年下男性上司にそれを全部伝えたら、すっごい喜んでたみたいww 別に喜ばせたかったわけじゃないのだ。本当にそう思ったから言わずにいられなかっただけで。

でもその後、そーでもない人間性に気づいていくんだけどね・・・orz なんだ、最初だけ演じてただけか、ってww

 

生きてる間に伝えたいことはちゃんと伝えないと後悔するよね! 言わなきゃよかった~ってことも多々あるけど、性分だからどうしようもないしね。それに占い師に言われたの。「あなたは言わずにいられない星を持ってる」って!!www 

ほんとかい・・・

 

だから些細なことでも、ときどきポツンとつぶやくように相手をほめられる自分になりたいね。大げさだとうそっぽいから。 

 

広告を非表示にする
track feed 猫とひなたとミルクティ