読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とひなたとミルクティ

あなたに手紙を書くように、私の日々を綴ります。

車にカミナリが落ちたこと、ある?

それはいつの事だったっけ?かなり前・・・まだピチピチだったあの夏の日、あまりの暑さに山に避暑しに行こう!とドライブへ。晴れて気持ちのいい山の上で、牛やらヒツジやらの放牧を見たり、木陰で涼んだり。でも山の上も暑いんだけどねww

 

やることないから飽きてきて、じゃあもう帰ろうかという事に。すると空模様が急転して一面真っ黒な雲に覆われ始めて、あっちゅう間にボタボタ大粒の雨が降り出した。わー!とりあえず、車内に避難しよう!!

 

数日前にTVで見た、山の高い所や木のある場所での雷雨の時の避難の方法を思い出して、こういう時って木から〇m離れた方がいいんだってさ!とか受け売りの知ったか情報を披露して、じゃあこの辺ならきっと安心だね、雨がやむまで待とうかということに。

 

天空では雷がガラガラいってビカビカ光ってる。あちこちにタテに落ちてるのがよく見える。ちょ、ちょっと大丈夫かこれ? (*_*;って思ったその時!!事件は起きた・・・w

 

近くで爆音がした!ドカーンッ!って!!

わーっっ!近くの木に落ちたんだ (;´Д`)ヒエーッ 怖ーい! と思う間もなく、なんと1本の光のスジが、車のボンネットから上に向けて出ているアンテナに来て、バック・トゥ・ザ・フューチャーの車みたいにビリビリッと電気が走って、下に抜けてった模様。

 

アンテナの先っちょに雷がバシュッ!って来た時、火花散ったからね!ww そうそう、前にバイトした店で、濡れた手でコンセントに挿したら、ビリッビリして手がコンセントから離れないという事態を経験していたので、電気ショックの恐ろしさは知っていました。自分に飛んでこないか心配しましたね~。

 

一瞬のことで、あっけにとられていると、その数秒後にカーエアコンの排気口から、もわ~んと白い煙が出てきた・・・(゚д゚)はい?なんですか、これ。

 

とにかくはやる鼓動を鎮めて何が起きたのか一連の流れを2人で考えてみた。どうやら近くに落ちた雷がこっちに飛び火して、タイヤを通って地面に抜けて行ったみたいだね。燃えてる木もないし、どうやってこっちに飛んできたんだろ・・・

 

そしてエアコンにスイッチを入れてみた。つ、つかない・・・orz 電気系統が逝っちまったようです(ToT) 

 

空は何もなかったかのように爽やかに晴れて、空気がすっきり澄んでいました。なんだか悲しすぎる気持ちで、無言で下山したのでした・・・w

 

修理代、けっこうかかった!!と、思う!

みんなも山へ行ったら気を付けてね~☆ 

 

広告を非表示にする
track feed 猫とひなたとミルクティ