猫とひなたとミルクティ

あなたに手紙を書くように、私の日々を綴ります。

フロスを無理に引っ張ると脆い歯が抜けるかも!?

今、歯ブラシとフロスと歯間ブラシを使って歯をケアしています。年のせいもあり歯間にモノが挟まりやすくなってます(*_*) エストロゲンが減ってコラーゲンも減って、歯茎がやせたりもするんだろうね・・・急に歯並びも崩れてきたような気がする・・・

 

そんなある日の事。いつものように歯間に青菜系の繊維が思いっきり詰まって圧迫感があり、はよ取ってすっきりせねば!と、フロスを取り出しました。私が使っているのは根元にボビンみたいのがついてて、そこにフロスが巻いてあり、引っぱり出して使ったらカットして新しくするタイプ。

 

ながーく取って指に巻いてゴシゴシするのが面倒なので、簡単にできるタイプで継続しています。なにはともあれ続けないと意味がない。

 

該当する歯の隙間にフロスを差し込みいつものようにしゃこしゃこ。このまま引き下ろせば繊維が付いてくる・・・と思ったら!なんとフロスがうまく抜けない!あれ?この近辺の歯はするっと抜けるはずなんだけどなあ・・・(´・ω・`)

 

何か所か、被せた銀歯と元の歯の境目の段差に引っかかって、フロスがスッと抜けないポイントがあるんですよ。歯科でフロスをされたとき、先生はそこは歯の根元からそのままスーッと抜いたほうがいいですねって仰ってた。実際入れた通りにフロスを抜こうとすると、切れちゃうんです。変えたばっかりなのに!って思うのでそこはブラシだけにしてるんですけど・・・

 

で、その例の歯も段差があるのか動かない・・・まあフロス、切れてもいいや!と下に思いっきり力を入れて抜きました。するとなんだか様子がおかしい。舌で触ったら歯がぎしぎし言う!!いわゆる揺れてる状態!これはいかん!!wwこの歯が抜けたら上下がまずいことになる!!

 

焦りましたが、舌で歯を押し上げ、抜けないで~(;´Д`)と祈りました。おかげで現在揺れは止まってぎしぎしいう事はありません。フロス、指のに変えようかなあ・・・wせっかくのケアがアダとなったら笑えませんからね。

 

そんなわけで、この簡単タイプのフロスをお使いの中高年の皆さま、治療済みではあるけども、歯に引っかかる段差がある場合、無理やり引き抜くと抜歯の恐れがございますよ!!血みどろになったフロスと口内・・・そしてその後に入れる歯の心配&出費。悲しすぎますw 気を付けてね☆

 

歯を大切に・・・8020運動推進中! 定期検診行こうね☆老後への投資だよ!! 

 

広告を非表示にする
track feed 猫とひなたとミルクティ