読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とひなたとミルクティ

あなたに手紙を書くように、私の日々を綴ります。

飲酒運転で着いた先は暗闇・・・

その他

そうなんですよ、絶対やっちゃいけない飲酒運転。

 

こそっとお話しちゃうけど、シートベルトってしなきゃいけないんだっけ~?

なんて言ってたあの頃、世の中もそれほど飲酒運転に厳しくない雰囲気で。

もちろんネズミ捕りのついでに引っかかれば当然免停とかになっちゃうわけですが、

代行運転を依頼するなんてのはなかった時代。

 

「醒ましたから大丈夫!」なんつって、ポカリでも飲みながら車でみんな普通に

帰ってました。そんな頃のある飲み会の帰りの出来事・・・

 

ポリ様と出くわす確率が高い場所を避け、いつもの裏道を走っていました。

助手席の友人とくだらない話で盛り上がりながら暗い山沿いの夜道をうねうねと・・・

 

気が付くと、道がない場所にたどり着いていました。あれ?どう見ても道がない。

目の前にあるのは無数の木だけ。なぜかライトを消してみたら漆黒の闇・・・

「キャ~~~~ッ!!!」と珍しく乙女な叫び声を出して、一目散にバック開始。

それまでぼや~んとした頭で走っていたのが、

シャキンッ!とせずにはいられませんでした。

 

きっと私の神が(ちなみに無宗教よ♪直感を神と呼んでいます❤)

お前は死にたいのか!!と知らせるべく、暗闇に導いて目を覚まさせたのね。

ありがとう・・・神・・・(*^_^*)

 

あーもーびっくりしたっ!!とドキドキしながら家路を無事帰りつきました。

その後も似たような日々を繰り返しましたが悪運が強いようで、特に何もなく。

ただ家飲みにシフトして行ったので、

そういう危険行為を犯すこと自体がなくなりました。

 

それからかなーり時が過ぎ・・・今からどれくらい前のことかな・・・

猫のエサを買いに行ったんですよ。

あの頃はまだ市販のエサに対して何とも思ってなかったからね、原材料のこととか。

今は絶対食べさせたくないけど。

 

選んでたら1人のご婦人にエサ選びがよく分からないからと、

アドバイスを求められたの。なんでも子猫を飼いはじめたとか。

 

知る限りの情報をお話してたら、どこからそういう話になったのか

まったく思い出せないんだけど、その方のお子さん家族が

飲酒運転の被害者であるそうで・・・。

実際その当時、その事件はかなり問題になって、刑が軽すぎると議論を呼んだ。

 

私も関心を持っていて、今は見てない新聞やTVで情報を拾っていた。

加害者を許せない!と憤ってもいた。まさかこんな場所でこんな出会い方で・・・。

2人でひっそりと猫のエサコーナーで泣いた・・・。

バッグに入ってたミニタオルで顔を覆ってだーだー泣いたよ。

 

内心激しく動揺していたし、この人本当に大変だったんだろうなあって思ったら

号泣せずにいられなかった。

 

車を運転するって楽しいけど、気を配らないといけない場面にたくさん出くわす。

自損ならまだしも、ちょっとのよそ見で横断歩道を渡ってた人を巻き込むことも

あるでしょうね。

自分が急いで行かないと後続車に迷惑がかかるから、

横断する人を止めて先に行くんだってアホな正論を許してた地域があったけど・・・

(譲ってもないのに先に右折車が勝手に行くしw)

 

 

とにかく、飲んだら乗るな! 乗るなら飲むな!! これ鉄則ね☆

 

でも自分に甘い人はいつまで経っても変わらないだろうなあ・・・

事故った時にうまいこと〇〇〇ってくれたらいいんだけどねえ・・・

 

飲酒運転ゼロの日本を目指して! 

広告を非表示にする
track feed 猫とひなたとミルクティ