猫とひなたとミルクティ

あなたに手紙を書くように、私の日々を綴ります。

安全装置が働いて圧力鍋のフタがボン!壁に汁が・・・(゚д゚)

圧力鍋のフタが 吹っ飛んだことがあるんです!

あれはほんとに怖かった・・・w 久しぶりに声が出ないくらいビックリした経験です。

 

その頃更年期対策にと、大豆を圧力鍋で頻繁に茹でていました。

うちの小さい鍋(3.0L)だと大袋の場合2回に分けて茹でないと無理なのですが、

その際、2発目を茹でる時にフタを洗うことはせずにそのまま使っていました。

 

終了時にザッと洗う感じ。他にはうどんを茹でたりご飯を炊いたり。

 

いつものように水で戻した豆を半分量、水は上から吹き出すので

ギリギリ少なめにして加熱してました。シュンシュンとおもりが回りだして、

あと少し♪と思った瞬間!!

 

「ボコッ!!ブシューッ!!!」と大きな音がして、

私のいる反対側の壁に向けて熱湯が噴射されました!!Σ( ̄ロ ̄lll) ぎゃーっっ!! 

圧力鍋が爆発したあっ!!

 

すぐに火を止め、何が一体どうしたのかと湯気の立ち上る壁と鍋を見つめました・・・

とにかく壁と床とコンロ周りを掃除してから、圧力鍋のフタを観察。

 

さっきのは、どうも爆発したんじゃなく、いわゆる安全装置が働いたって

事象なのではなかろうか、と冷静に構造を観察してみたところ、

おもりの付いている通気口の入り口部分、フタ内側の部品の溝が

1発目の大豆の汁やらカスで詰まっているのを発見。

 

そっか!それで抜けられなくなって、パンパンになって

横からブシュ―ッとなったわけだ!

 

フタ内の部品を外して内側を見ると確かにいろいろがこびりついている!!

これじゃー息できないわなww やさしくブラシでこすってスッキリさせて、装着。

とにかく自分のいる側に吹っ飛んでこなくてよかった~と胸をなでおろしたのでした。

あれがかかったらホントに大やけどだからね!

 

圧力鍋は便利ですけど、メンテは毎回怠ったらいけませんな。

その後は通気口は目視でトンネルが詰まってないかチェックしたりもしています。

 

もう5年以上使ってるからパッキンもへたってきたんだよね。

そろそろ交換しないと圧がかからなくなりそう。

 

広告を非表示にする
track feed 猫とひなたとミルクティ