猫とひなたとミルクティ

あなたに手紙を書くように、私の日々を綴ります。

家庭のシンクに熱湯を流したらダメっぽいぞ!

カップ焼きそばのTVCMでおなじみの光景、お湯をシンクに捨てると、

シンクがボコッ!と音をさせますよね。

実際にこれをやると面白くて一瞬笑ってしまうわけですが、やめましょう!

 

なんでや!という声が聞こえてきそうですが、ダメなんですって。

まあ捨てる時には温度がかなり下がっていることだと思いますが、

それでもまだ80度はある気がします。

それに量も少ないからね・・・影響はどうかと思いますが。

 

シンクの音はいいとして、問題はその後。

流れて行った高温のお湯によって、ゴミ受けの先の塩ビ管を変形させて、

気が付かないうちにそこから水漏れを起こしてたなんてことがあるみたいです。

だから頻繁にこれをくりかえすのはよくないでしょうね。

ましてや排水口に直に流し入れてたら・・・ちょっと心配^^;

ダイレクトですからね~

 

私はうどんが好きで、圧力鍋で茹でてはよく食べてます。

以前ボコッと言わせてCMのことを思い出したんですよ。この音って大丈夫なの?

それを疑問に感じてググったら、むしろ心配しなきゃいけないのはお湯の温度!

 

青ざめましたね・・・(*_*; もう遅いんじゃん?って思いましたが、

床下覗いた感じでは、地面が濡れてないから大丈夫そう。

 

それを知ってからは、うどんを上げた後のナベに水を入れて適温にしてから

流しています。ほどほどに60度くらいなら、排水管のお掃除にもなるからね。

熱いお湯を捨てる際には、お水を一緒に流してブレンドして温度を下げましょう。

ああいう部品の交換とかってけっこう面倒なんだよね。

 

広告を非表示にする
track feed 猫とひなたとミルクティ