読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とひなたとミルクティ

あなたに手紙を書くように、私の日々を綴ります。

アンチョビを漬けた後の塩を美味しく使おうかな(*´д`*)

こんにちは! まずはこちらのクリスマスローズの美しい画像をどうぞ!!

 

f:id:fausta0612:20160303162059j:plain f:id:fausta0612:20160303162420j:plain

キレイに咲いてるから見に来ない~?とご近所さんからお誘いが(*´д`*)

  f:id:fausta0612:20160303162138j:plain

みんな下向いてるから、ちょっと持ち上げて撮ってます。

もともとはクリスマスの頃に咲く、バラに似た花ということなんですね。へー。

とても大事に育ててらして、種が飛んで株が増えてるそうです。

 

で、あまい花の後にしょっぱい系の話です^^

 

ここに来てからアンチョビを作るようになりました。

震災の後に来てバタバタして過ごしたあと、クリスマスローズのこの方が

近くの(と言っても車で20分くらい)漁協で小さいイワシが安く買えるんだけど、

一緒に買ってくるけど?って教えてくれました。カタクチイワシですね。

 

イワシは廃棄率を考えたらそれなりに量がないと、出来上がりが減りますからね。

でも初めての挑戦だったので、2kgでお願いしました。

 

1kg250~400円くらいで買えます。スーパーだと安くて100g58円くらいかな?

しかもうろこがまだついてるようなピカピカの新鮮さ。

スーパーのはトレーに押されてぐっちゃりしてますからね、ちょっと無理。

オイルサーディンにならできるけどね。それでも身がね・・・

 

それを水につけずに頭を取りつつハラワタも引き出して。

フィレにはしないで、開くだけにします。骨はついたまま。

これをひたすら座って3時間とかやりました。最初の時。

 

そしてさっと洗って水けをよく取り、適量の塩をまぶしてタッパにつめていきます。

最初ビニール袋の中であらかじめ塩をまぶしておくと全体によく付くのよね。

 

おっかなびっくりだったので、冬に仕込んだにも関わらず冷蔵庫の野菜室へ。

1か月だか2カ月待って、骨を外してオリーブオイル漬けなんてしてみたけど、

油臭くなってしまったのでそれはやめることに。自分に合ってないし。

 

いろいろ調べたら、イタリアのどこだかでは塩蔵のままで必要なだけ塩を落として

使うそうな。いちいちオイル漬けにまで私にはできないのでこれで行こうと。

 

1回目のアンチョビはなんだかよくわからず。市販のモノは買ったことがないから

比較ができなくて、きっとすっごいおいしいんだろうなあなんて思っていたら、

その後イタリア料理店で働くことになって缶詰のアンチョビを毎日扱ったけど

ん~、微妙。(生だったからかな?加熱するとまた違うし・・・)

 

とにかく単なる「イワシの塩漬け」という感じで、きっとこうじゃないなと。

 

そして2回目。イワシがなくなりそうになって再度仕込みに挑戦。

日に当てちゃうとか、内臓が入ったまま丸ごと漬ける作戦とかいろいろ知りましたが

保守的な私は1年目と同じ方法でやはり野菜室に入れてこわごわ作りました。

 

う~ん、芳醇とかほど遠い・・・やっぱりイワシの塩漬け・・・

 

そして3回目。1回目に使用した塩は捨てて新たな塩で2回目は作ったんですが、

もったいないのでそれを再利用することにしました。だって魚醤塩でしょ?

これ使った方が早く深い味わいに到達するのではないかと思ったのです。

それに2回目は長く食べられるようにと大タッパーに3つ作ったので、

塩も大量にあり、これを捨てるのもなんだかなーと思ったのです。

 

4kg買って、1kgをオイルサーディンにして、残りを全部アンチョビに。

まぶす塩だけ新しいモノを使用。

そして今回は冷蔵庫に入れるのをやめ、シンク下の空き部屋に置きました。

塩漬けなので、腐敗することは絶対にないはず。怖がってないでやってみました。

 

作った後多忙な日々を過ごしたせいでその存在すら忘れ、

アンチョビどころじゃなかった私。

歯周病になり笑、更年期っぽくなり、ぐったりしておりました。

 

その頃のアンチョビの使い方というと、塩を払い骨と尾ひれを外して荒みじんにして

ガラス容器に入れてオイルに浸しておく方法でした。

これだと油臭くならずにそのままスプーンで取って使えて便利なんです。

 

でもみじんにすることすら面倒でほとんど使わずに夏を越えて秋に入った頃、

久々アンチョビの事を思い出しました。

タッパーを取り出してフタを開けると何とも言えないいい香り! 

今までのイワシの塩漬けとはちょっと様子が違う?

 

よく見ると何か白いものが浮かんでいるんです。ゲッ⁉ 白かび??

焦って考えましたが、きっといい菌かうま味成分に違いない!と思い直して

アンチョビを取り出して料理に使ってみたら、全然風味が違うの!!

f:id:fausta0612:20160303175720j:plain f:id:fausta0612:20160303175820j:plain f:id:fausta0612:20160303175930j:plain

これが正解なのかわからないけど、確実に美味しいものに変化してました。

手を付けられなかった時間が熟成して美味しくしてくれたんですね(*´д`*)

 

それからは一気に使ってなくなってしまいました!!www

寒い間に仕込みたいんだけど、今年はまだやってなくてイワシ買いに行こうかな・・・

 

一番右の画像は白いのが浮かんでなかったタッパです。魚醤粗塩みたくなってます。

これもいい味で、野菜炒めとかスープとかに大活躍!!

ニオイはイカ焼きの醤油・・・でしょうか。魚の臭みは一切ないの。いい出汁!

 

これをまた使ってアンチョビを仕込んだら次がどうなるのか・・・

タッパの塩がなくなる前に実験しなければ!!

・・・早いうちに漁協にイワシ買いに行ってきますw 

広告を非表示にする
track feed 猫とひなたとミルクティ